実践研究

:目的

本研修は、基礎研修の枠組み外での当会初めての認定社会福祉士制度上の共通専門科目です(認証番号20150016)。社会福祉士会では全国的に初めての取り組みでもあります。基礎研修に参加されていない方々や3~6年間の連続研修参加に困難性がある方を対象にしています。

現在、当会では共通専門科目研修を科目ごとに履修できるプログラムの構築に向けており、本研修はその第一弾です。
実践研究の基本について、様々な視点から学習していきます。最終的には実践研究発表ができるレベルを目指しています。なお各県士会における基礎研修内「実践評価・研究」系科目の代替や振り替えはできません。

プログラム

8月6日(土)9:30~17:40
1回 研究の基礎①:実践から研究の理解
実践・事例検討から実践研究等まで、それぞれの定義、内容の違いについて学習する。
2回 実践(研究)発表へのプロセス
日本社会福祉士会の倫理綱領を踏まえ、実践(研究)発表のプロセスについて確認する。
3回 実践記録と研究記録
実践記録と実践研究記録の目的と展開について学習する。
4回 実践(研究)発表のための記述方法
日本社会福祉士学会等が定める記述方法(自身の実践の経過、判断・行動の根拠、成果と課題等)について学習する。このとき、論理的な記述、発表方法について事例を参考に検討していく。
※発表用パワーポイント作成の宿題が出ます。
8月20日(土)9:30~17:40
5回 実践(研究)評価
実践(研究)評価の様々な方法(プログラム評価、プロセス評価、結果評価〔効果測定評価〕、形成的評価)、そして留意点について学習する。
6回 実践(研究)発表のための抄録作成例
実践報告等に当たり、日本社会福祉士学会等を参考にその発表に至るまでの具体的手順、発表形式、目的設定、マナーなどについて学習する。
7回 実践の検証
自らの実践を通して挙げられた課題または知見を発表するために、発表テーマ・発表目的、発表形式を設定し、発表資料を抄録形式で作成する。
8回 プレゼンテーション
これまで学習してきたことを踏まえ、研究発表(プレゼンテーション)を行なう。

講 師

米川和雄
帝京平成大学社会福祉コース講師;博士(心理学);専門社会調査士
著書「超初心者のためのSPSS統計解析マニュアル」北大路書房 他多数

対 象

社会福祉士の方
応募多数の場合は、実践研究発表を目指す方等を優先していきます。
※最低限のパワーポイント作成能力や相談援助の実務経験が求められます。
※失礼な参加者が多いため単位取得のためだけの参加はお断りしています。

費用

・非会員2日間2.5万円  ※東京社会福祉士会会員2万円
・単発参加(1日)1万2500円 ※今年度中に研究発表等予定の方のみ単発参加ができます。認証の単位は得られません。
・テキスト:米川和雄著「ソーシャルワーカーのための社会調査の基礎」北大路書房 1,728円(当日持参してください)

会場

都内(東西線早稲田駅、JR大塚駅、神田駅、御茶ノ水駅近く等)を予定、申し込み時にお伝えします。

お申込み

〇 8/6(土)+ 8/20(土)9:30~17:40
〇申込用紙をFAXまたはメール添付
申し込み用紙 実践研究2016(研修案内)
公益社団法人東京社会福祉士会生涯研修センター(担当 わたらい)
Mail syougaikensyuu@tokyo-csw.org  Tel:03-5944-8466

スーパーバイザー養成研修

目的

本研修は、認定社会福祉士制度上のスーパービジョンを学習する研修です。一部の方には研修に合わせ、認定社会福祉士制度上のスーパービジョン(受ける)2単位の取得を目指す場にもなります。認定社会福祉士が扱うスーパービジョンの契約前後から自己チェックシート記入やその評価までを学習する他、基本的なスーパービジョンから多面的なスーパービジョンの視点や技能も学習していきます。
認定社会福祉士を目指す方のスーパービジョン契約の困難性を鑑み、本会生涯研修センターが会員のために実施する研修でもあります。前半がスーパービジョン学習、後半がスーパービジョン実践(受ける・または実施)の時間となります。後半においては、個別契約が成立すれば、スーパービジョン(受ける)2単位の取得となるように配慮されています。全回出席できることが前提です。

なおスーパービジョンは個人契約になるため、会が紹介するスーパーバイザー等と事前面談の結果、契約したくない時は契約しなくても構いませんが、全研修には参加くださるようお願い致します。

プログラム

内容 講師・スーパーバイザー等
9月17日(土)9:30~17:30
・スーパービジョン事前面接~契約
・チーフクラスSSWの評価基準によるSV評価
・認識少ないスーパービジョンの様々な機能等
齊藤栄樹 前介護老人保健施設みやび副施設長兼法人内SVr
大塚克久 本会災害福祉委員会委員長
米川和雄 帝京平成大学社会福祉コース 講師
NPO法人エンパワメント理事長
10月1日(土)18:00~21:00
・所属機関におけるソーシャルワーク業務・役割と課題の確認
 
大輪典子 東京社会福祉士会会長;社会福祉士事務所「スペース輪」所長
土橋俊彦 児童養護施設中里学園施設長
11月5日(土)18:00~21:00
・スーパービジョンとは何か:管理・教育・支持機能における事項等
 
星野美子 本会ぱあとなあ担当理事;TRY星野社会福祉士事務所所長
和田 忍 足立区社協地域福祉部長補佐
12月23日(金)18:00~21:00
2月4日及び25日(土)18:00~21:00
・無意識に形作られたSV姿勢と技能の自己覚知演習①②③
大輪典子他
星野美子他
土橋俊彦他
【特別企画検討中】2017年1月中18:00~19:30
・施設内スーパービジョン(区分2)の留意点
福山和女 ルーテル学院大学教授
※19:30~21:00後半時間は補講日程として検討
3月12日(日)9:30~20:00
・スーパーバイザーによるシステム作り・マニュアル作り
・グループスーパーバイザースーパービジョン
修了式
 
岩金俊充 山口県SSWスーパーバイザー;社会福祉士事務所所長
認定社会福祉士認証・認定機構スーパーバイザー名簿登録者等
6名程度

対象

認定社会福祉士上のスーパービジョン学習を希望する相談援助実務経験3年以上の方
※必ず事前説明会を受講ください。説明会8/6(土)または8/21(土)18:15~20:15頃

費用

東京社会福祉士会会員 30,000 円(非会員:40,000 円)
・単発参加(前半 90 分)2,000 円;9/17 のみ 13:40~17:30  4,000 円(予定)
※単発参加は研修予定 30 日前から受付開始;満席の場合もあります。
・SV契約の場合別途 1.5 万円(スーパービジョン〔スーパーバイジー〕2単位は5名程度募集)
・テキスト代 3,888 円 ※事前注文で 10%程度割引あり

会場

都内(東西線早稲田駅、JR大塚駅・神田駅・御茶ノ水駅近く等)を予定、説明会申込時に連絡

お申込み

〇説明会 8/6(土)または 8/20(土)18:15~20:15 開催予定
〇申込用紙をFAXまたはメール添付
SV養成基礎研修2016
公益社団法人東京社会福祉士会生涯研修センター(担当 わたらい)
Mail syougaikensyuu@tokyo-csw.org  Tel:03-5944-8466