SSW教育課程とSSW養成講座の違いはなんですか?

投稿日:2016年5月24日 更新日:

SSW実務学習はYMCA、幅広い学習はエンパワメント!

スクールソーシャルワーク教育課程は、YMCA福祉専門学校が実施し、修了すると日本社会福祉士養成校協会から課程認定を受けられるスクールソーシャルワーカー養成講座です。

スクールソーシャルワーカー養成講座は、NPO法人エンパワメントが実施、認定となる講座です。

社会福祉士または精神保健福祉士をお持ちの方は前者のほうが権威のある認定証を得ることができます。但し、スクールソーシャルワーカーの実務経験が2年間ないと実習課程の受講が必要となります。実習課程は最低限のレポートライティング能力と対話能力があることを前提にしています。とりわけ考察力は大きく求められます。講師一同、時間を掛けてでも希望者には最低限の技能形成の応援をしています。
もちろん社会福祉士等をお持ちでない方も社会福祉士取得後に認定を受けることもできます。
YMCAでは社会福祉士等をお持ちでない方のために独自に修了証を発行もし、履歴書に記載できるようにしています(日本社会福祉士養成校協会の発行ではありません)。

認定社会福祉士科目の取得もこちらのほうが多いです。

一方、後者は、教師、主任児童委員、教育相談員等、様々な職種の方でも気軽に参加できる講座でもあります。実習課程がない分、応用課程は全ての課程に参加する必要があります。前者では応用課程は半数で修了もできますが、基本的に修了生の皆様は初回参加で実務的な学習(大規模な聴講型研修ではない)の重要性を実感し応用課程には全て参加している傾向があります。

-

執筆者:

関連記事

no image

相談

子どもの様々な心理学的・社会福祉学的な相談を行っています。WISC-Ⅳ検査も有料にて実施しています。詳細は事務局までメールください。

4月3日(土)『ギャンブル依存症の家庭における子どもの支援』

サタデーナイト研修 4月3日(土)19:00~20:30 ギャンブル依存症問題を考える会代表田中紀子様を招き 『ギャンブル依存症の家庭における子どもの支援』のエッセンスについての研修を行います。後半は …

『学校現場における外国籍生徒の支援の現状と課題:外国ルーツ者支援のNPOの紹介を含めて』

サタデーナイト研修 7月10日(土)19:00~20:30 報告 伊勢崎市・安中市SSWr 原口一美 様 ・伊勢崎市の状況 ・外国人の文化の違い(主観) ・NPO紹介 ・5つの事例紹介 ・課題と情報共 …

no image

第7期 坂本裕子様 第8期 佐藤古都美様

今回は第7期生 坂本さん(左)、第8期生 佐藤さん(右)にこの2年間~3年間についてお話しをお聞きしました。 養成講座の印象はいかがだったしょうか、講座受講する前との違いはありますか 佐藤 そうですね …

no image

2017年度修了式

3/4 今年も新たな修了生が出ました。 SSWrとなる方、さらなる専門性を目指す方、福祉心理士を目指す方等 終始笑いの絶えない修了式となりました。

子どもの幸せを考え

子どもの幸せを考え

子どものことを考えると家庭や学校のことを考えるようになり、それらを考えていると地域や制度のことを考えるようになります。ソーシャルワーク的に生物ー心理-社会と環境モデルです。