児童家庭分野の制度の動向Ⅰ:制度と狭間

1.生活困窮者自立支援制度
・福祉事務所の組織と機能
・学習支援と生活保護
・社会保障の回復
・境界層証明
・ひきこもり支援とその効果

2.児童家庭支援に関する制度と狭間、課題
・児相の実際と狭間(28条と親権、33条と一時保護)、児童相談所長の未成年後見は多いのか
・未成年後見の制度抜粋と狭間:履歴のあり方
・地域包括ケアマネジメントにおける困難家庭と狭間

3.多様性を認め合う学校づくりLGBTを含めた全ての子どもたちのために
・LGBTの基礎知識
・LGBTの学生・若者の話
・LGBT困りごと事例集(社会情勢含)
・今日からできること

 【講師】
1.北見万幸氏(横須賀市福祉部生活福祉課)
2.土橋俊彦氏(児童養護施設施設長)
2.星野美子氏(東京社会福祉士会 成年後見委員会)
2.和田 忍氏(東京社会福祉士会 地域包括支援委員会)
3.三戸花菜子氏(NPO法人ReBit 教育事業部マネージャー)

【ランチョンセミナー】 
講師 大輪典子氏(東京社会福祉士会前会長)
『新たな時代に対応した福祉の提供ビジョン―社会福祉士の養成と方向性―』
 本講座の参加受付は4月1日より
費用:単発参加者12,000円
児童家庭福祉論Ⅰ参加者でⅡ参加の場合 2日間20,000円  
場所:中野サンプラザ 8F会議室6   
時間:8/26 9:30~17:45※ランチョンセミナーは自由参加です
申込:YMCA福祉専門学校へ 所属・氏名・住所・携帯・メール・振込予定日をメールにて(担当 奥田)   ymkenko@yokohama-ymca.or.jp