外国ルーツ児者支援の基本(1日目)

1.外国人支援に関わる課題と基盤
(1)社会福祉士養成における課題提起~都内地域包括支援センターより~
・障害者支援と高齢者支援の優先する視点とは
(2)在留資格の基本と実際
・在留資格の特徴と都道府県、国籍等の在留実態、日本語指導が必要な日本国籍の児童生徒、シングルマザーの事例から見る資格変更の困難性等
・外国人支援に関わる都内の社会資源
(3) 社会的孤立状態にある外国人の実情と課題
・外国人の社会保険(生活保護・年金保険・労働保険・介護保険)の適用
・DV被害経験の有無における外国人女性の福祉課題の違い

2.行政における取り組み
(1) 東京都の外国人施策
(2) 新宿区における取り組みと展望
(3)児童相談所・児童養護施設の取り組みと展望
・オーバーステイに対する制度と支援の実際
・23区児童相談所創設への示唆・児童相談所の展望
(4-1)少年院における処遇:外国人非行少年の更生
※少年院とはなにか、久里浜少年院の特徴、外国人少年の実態
(4-2)外国人非行少年の社会復帰におけるソーシャルワーク

 【講師】
1.(1)高橋幸枝氏(都内地域包括支援センター)
1.(2)米川和雄氏(帝京平成大学 講師)
1.(3)南野奈津子氏(東洋大学 教授)
2.(1)都民生活部 地域活動推進課(予定)
2.(2)新宿区地域文化部多文化共生推進課(予定)
2.(3)土橋俊彦氏(世田谷区児童相談所 所長)
2.(4)少年院専門官・少年院ソーシャルワーカー(予定)(予定)

 本講座の参加受付は4月1日より
費用:単発参加者10,000円
 ※1日目と2日目参加の場合で日本社会福祉士会会員 18,000円  
場所:中央大学駿河台記念館 御茶ノ水駅5分
http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/
時間:8/26 9:20~17:45
申込フォーム