スクールソーシャルワーク演習

投稿日:2016年6月4日 更新日:

1.演習 :援助職の態度の比較と統合
2.演習 :受容的アプローチ演習、能動・開発的アプローチ演習
3.シチュエーショナル援助実習

4.基礎課程修了試験

講師 米川和雄予定

【FA】原口一美(群馬県社会福祉士会SSW委員会委員長)
   山本太郎(自由学園男子部副部長)
   菊池やす子(茨城県内幼稚園事務局;学校心理士)
   菊池涼子(千葉県内保健所精神保健相談員)
   堀江圭以子(小平市SSWr; 葛飾区SSWr)
      浦上さわ(元母子生活支援施設支援員)

-

執筆者:

関連記事

no image

スクールソーシャルワーカー活用事業の動向と展望

連載第6回 連絡?連携?

連載第6回 『連絡?連携?』 岩金俊充 みなさま 朝晩は肌寒くなりましたね。 私は、あんなに暑かった夏が恋しくて、この冬は半そで半パンで過ごそう!と決意しました。 が、やっぱ止めて、毎週末の丸刈り散髪 …

no image

ソーシャルワーク基礎研修

今しばらくお待ち下さい。

6月5日(土)19:00「登校支援のきっかけ」

サタデーナイト研修 事例を参考に手紙の出し方の工夫点や対話の苦手な子どものためのモノづくりでの遊び方(対話の取り方)から「登校支援のきっかけ」について学習します。 6月5日(土)19:00~20:30 …

連載 第4回 虐待早期発見のポイント

教育者のための虐待早期発見のポイントをまるで研修を受けているかのようなQ&Aを踏まえて学習します。1.通告のとらえ方、2.虐待のとらえ方、3.保護者とのかかわり方などが紹介されています。

子どもの幸せを考え

子どもの幸せを考え

子どものことを考えると家庭や学校のことを考えるようになり、それらを考えていると地域や制度のことを考えるようになります。ソーシャルワーク的に生物ー心理-社会と環境モデルです。

特定非営利活動法人エンパワメント
お申込・お問合せページからご連絡ください。