お知らせ

中学生用自己受容尺度

投稿日:

自己受容尺度の活用に関するお問い合わせをいくつもいただいておりましたので尺度の掲載を致します。活用する場合はぜひ研究結果の報告をいただけますと幸いです。本サイトでお知らせしたいと思います。
加えて、様々な検討ができるよう最終段階で削除された項目を削除せずに掲載しました。対象によって結果が異なる可能性があるからです。加えて研究段階では、質問33にて“兄弟”を用いていましたが、“きょうだい” の 活用が 適当と思われる ため 修正し てあります 。

中学生用自己受容尺度

中学生用自己受容尺度開発過程

-お知らせ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スクールソーシャルワーカー活用事業の動向と展望

第8回 禁断のブラック、ぶった切り回答 Q&A

みなさま すこし遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。 #すっかり寒くなりました。 この連載も、次回で最後です。 ということで、今回は、Q&Aに対する「禁断のブラック、ぶった切り回答」です …

no image

ホームページをリニューアルしました

修了生の声を増やしていきます。

no image

オンラインサロン

スクールソーシャルワーカー等の居場所オンラインサロン (こども家庭・学校包括支援に関わる専門職の居場所) 本オンラインサロンは、全員が温かな福祉の仲間として参加する相互のwell-beiing尊重の場 …

no image

第7回 怒りの主訴と向き合う

本回は非公開です。

子どもの幸せを考え

子どもの幸せを考え

子どものことを考えると家庭や学校のことを考えるようになり、それらを考えていると地域や制度のことを考えるようになります。ソーシャルワーク的に生物ー心理-社会と環境モデルです。

特定非営利活動法人エンパワメント
お申込・お問合せページからご連絡ください。