スクールソーシャルワーク教育課程

Exif_JPEG_PICTURE
本気にならざるを得ない実務に直結した内容が豊富

開講:横浜YMCA:YMCA福祉専門学校
認定:日本社会福祉士養成校協会
事務局:YMCA健康福祉専門学校

2017年度 6月最終募集 お申込はお早めに

基礎課程

科目シラバス 科目概要
スクールソーシャルワーク論
 (2日間)
 SSWの基礎を学習します。まずSSWとして何を捉え、どう動くか、実務における重要点を初年度から5年後までの流れを理解することに役立ちます。
発達心理学  様々な発達理論から子どもの成長を理解し、諸課題・諸問題における成長への影響を学習します。生物学的要因が不登校・非行等にも関わる視点を養います。
精神保健学  基本的な精神疾患とそれに関わるケースを支える地域のネットワーク機関について学習します。虐待支援等のアセスメントの視点を養います。
児童家庭福祉論Ⅰ  様々な非行少年に対する支援について学習します。家庭裁判所関係機関、一時保護所との連携や実際について捉えていきます。
児童家庭福祉論Ⅱ 少年審判、未成年後見、里親など様々な権利擁護に関する法制度を学習します。
教育原論  教育に関する社会的・制度的事項を学習します。
スクールソーシャルワーク演習(2日間)  相談援助の基本となる受容的アプローチについて学習します。
※基礎課程の最後に修了試験があります。

応用課程

科目名  予防開発的援助技術
  学校コーチングⅠ
(2日間)
学校コーチングについて学習します。 学校における子どもと環境との関わり、子どもに合わせたアプローチ等を養います。
 価値観の明確化
(2日間)
 自らの行動指針の明確化を通して自己覚知を行っていきます。自己覚知を通して多様性の尊重についての視点を養います。
 学校コーチングⅡ
(2日間)
 認知行動的アプローチを学習します。自己覚知と援助体系の視点の拡大を通して思考の柔軟性を養います。
 科目  臨床福祉・心理学学演習
精神分析的アプローチ  精神分析に関する理論を学習します。防衛機制を通じて、人の思考や支援のあり様についての視点を養います。来談者中心療法との比較も行います。
WISC-Ⅳの解釈と学校活用  WISC-4の解釈の基本と学校での活用方法について学習します。
 認知行動療法Ⅰ  論理療法、認知行動療法、問題解決志向型アプローチについて学習します。
認知行動療法Ⅱ  行動療法の基礎理論や技法について学習します。
認知行動療法Ⅲ 教職員メンタルヘルス支援について学習します。
科目 全課程修了後講座
エンパワメントアプローチ演習(2日間)  受容的アプローチを学習します。演習を通じた技能評価も行います。

実習課程

SSW実習指導
(2日間)
 実習前、実習中、実習後における指導をします。例年、4月末に実習指導2日間(見学実習込)で実施しています。
SSW実習  10日間80時間以上の実習が必要ですが社会人参加を勘案して見学実習等を含めた実施をしています。
ソーシャルワーカーとしての相談援助経験、または心理士・教員としての学校経験のない場合、別途ソーシャルワーク見学実習に参加いただきます。
SSW実習報告会 例年2月~3月に実習報告会を行っています。実習参加者はこの報告と報告書作成が必要です。

 シラバス

  • スクールソーシャルワーク論

     

    認定社会福祉士専門分野(児童家庭)スクールソーシャルワーク(児童)
    1単位<20130004> 主催 YMCA福祉専門学校

    1日目
    オリエンテーション
    1.SSWの定義、価値、技術の基本、配置形態、
    教育組織、東京都内・全国のSSWr配置状況
    2.チーフクラスソーシャルワーカー評価基準、
    教育委員会事業評価
    3.教育現場における実践例、自傷事例検討等
    4.多職種ケース会議運用の基本、各機関連携

    米川和雄氏(帝京平成大学)
     FA 福島惠美氏(茨城県SSWr)
    【ランチョンセミナー】
    堀江圭以子氏(東京都小平市SSWr)
    米川和雄氏
    「初心者のためのSSW基礎知識」
    「初任者のためのマナー講座」
    2日目午後

    5.クライエントの心理理解:グループワーク方法
    (教育相談研修例等)
    6.就労支援制度と高校における福祉的就労支援、軽度の精神障害、発達障害等を持つ生徒の支援
    ※障害者就業生活支援センター、就労移行支援事業所、ハローワーク、サポステ等の使い分けと利用の流れ
    7.相談面接技能(受容・共感・自己一致)
    8.SSWr定例ケース会議演習
    アセスメント、資源開発、ファシリテーター役割

    
    米川和雄氏
     FA 加藤 公氏(箱根町SSWr)
       岸本靖子氏(湯河原町SSWr)
    【ランチョンセミナー】
    吉永恵子氏 (定時制高校SSWr)
     「定時制高校におけるSSWの実際」
    
    3日目

    9.特別支援教育と発達障害概要
     ※学校心理学、教育相談
    10.マクロレベルのスクールソーシャルワーク:社会的教護×触法(更生保護)×発達課題

    米川和雄氏
     FA 菊池やす子氏(茨城県内市教育相談員)
    
    野中勝治氏(一般社:Center of the Field 代表) ※自立援助ホーム・放課後等デイ・SSW事業 委託運用等
    
  • 児童家庭福祉論

    非行少年支援のあり方の実際について、家庭裁判所との連携を踏まえて学習する。

    講師 入海英里子氏(自由学園SSWr;白梅大学非常勤講師)
  • 精神保健学

    1.精神保健の基礎と支援
    1)心理査定(アセスメント)
    2)心理療法(概要)
    2.要保護児童対策地域協議会
    3.虐待ケース検討会議

    土屋佳子氏(東京都教育庁ユースSWrスーパーバイザー;福島県SSWrSV)
    米川和雄
    
  • 教育原論

    1.教育制度・機構
    2.矯正教育の仕組み海外の例

    講師 宮古紀宏(文科省国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センター)
  • 発達心理学

    1.発達段階と生涯発達心理学の諸理論と支援の観点
    (発達段階諸理論;フロイト、エリクソン、マーラー、パーテン、ピアジェ等)
    2.発達課題と精神保健
     家庭環境における脳の発達、行動問題等

    講師 米川和雄氏
     【ランチョンセミナー】
     野中勝治氏(一般社:Center of the Field 代表)
     「自立援助ホームの実際とコミュニティソーシャルワーク」(仮題)
  • スクールソーシャルワーク演習

    1.演習 :援助職の態度の比較と統合
    2.演習 :受容的アプローチ演習
    3.基礎課程修了試験

    講師 米川和雄予定
    
    【ランチョンセミナー】検討中
    

お問合せ・申し込み

①希望科目(または日程)、②所属・名前、③携帯番号・メール(パソコン受信可能)、④住所をメールください。ご質問もメール等でお気軽にどうぞ。
 事務局 YMCA健康福祉専門学校
 住 所:〒243-0018 神奈川県厚木市中町4-16-19
 電 話:046-223-1441 E-Mail:ymkenko@yokohamaymca.org
 ※メールの連絡不具合が出ているようです。送信後3日過ぎても返信のない場合はお電話くださいますと幸いです。
 担 当:奥田