お知らせ

連載第6回 連絡?連携?

投稿日:

連載第6回 『連絡?連携?』
岩金俊充

みなさま
朝晩は肌寒くなりましたね。
私は、あんなに暑かった夏が恋しくて、この冬は半そで半パンで過ごそう!と決意しました。
が、やっぱ止めて、毎週末の丸刈り散髪を、6ミリから3ミリにしてみました。
#3ミリの壁
さて、4月から半年が過ぎ、「連携」を意識して支援をしていくことも増えたでしょう。
今月は「連絡と連携」についてです。
事例を通してご一緒に考えてもらいたいと思います。

#事例演習
事例1)
校内ケース会議にて、学校から「家では、認知症の父方祖母が同居しているが、両親は介護せず放置しているらしい。」との情報があったので、SSWは「市の地域包括支援センターに連絡を入れておいてください」と言った。
#Q:これは連携でしょうか?
#A:ただの「連絡」です。
■支援例:SSWは、祖父母の介護について地域包括支援センターに連絡させるだけでなく、地域包括主催で会議を開催してもらうか、要保護児童対策地域協議会の個別ケース会議にて検討してもらうように、働きかけ、具体的な祖父母の介入支援について、自らも実働できることを提案していきます。

 

この他、幻聴幻覚を持つ子どものケース、友だちにわいせつ行為をした子どものケース、友だちを刺傷させてしまった子どものケースについて定期購読で紹介しています。

コラムでは笑いは幸せを招くという事例について紹介もします。

メンバー登録(年間5000円) http://empowerment.or.jp/contact/

-お知らせ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第8回 禁断のブラック、ぶった切り回答 Q&A

みなさま すこし遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。 #すっかり寒くなりました。 この連載も、次回で最後です。 ということで、今回は、Q&Aに対する「禁断のブラック、ぶった切り回答」です …

連載 第3回 ケース会議のあり方

新人スクールソーシャルワーカーのための情報を発信 #スクールソーシャルワーカー #SSW  3月~6月中旬までどのようなことを初任がしたらいいかを前県域チーフスーパーバイザーが紹介しております。初任の …

シリーズ 児童福祉法 第1回 25条

SSWや児童ソーシャルワークにおいて重要な児童福祉法ですが条文は乱立的でありわかりにくいため、どのような解釈が現状で精通されているのか知るだけでも大いに児童相談所行政の状況を理解することができます。 …

no image

スクールソーシャルワーカー活用事業の動向と展望

スクールソーシャルワーカーズ・ウェルビーイング・プロジェクト

日々頑張るスクールソーシャルワーカーを応援するプロジェクトを起ち上げました。SSWrが無料参加できる研修も用意しております。

子どもの幸せを考え

子どもの幸せを考え

子どものことを考えると家庭や学校のことを考えるようになり、それらを考えていると地域や制度のことを考えるようになります。ソーシャルワーク的に生物ー心理-社会と環境モデルです。

特定非営利活動法人エンパワメント
お申込・お問合せページからご連絡ください。