お知らせ

連載第6回 連絡?連携?

投稿日:

連載第6回 『連絡?連携?』
岩金俊充

みなさま
朝晩は肌寒くなりましたね。
私は、あんなに暑かった夏が恋しくて、この冬は半そで半パンで過ごそう!と決意しました。
が、やっぱ止めて、毎週末の丸刈り散髪を、6ミリから3ミリにしてみました。
#3ミリの壁
さて、4月から半年が過ぎ、「連携」を意識して支援をしていくことも増えたでしょう。
今月は「連絡と連携」についてです。
事例を通してご一緒に考えてもらいたいと思います。

#事例演習
事例1)
校内ケース会議にて、学校から「家では、認知症の父方祖母が同居しているが、両親は介護せず放置しているらしい。」との情報があったので、SSWは「市の地域包括支援センターに連絡を入れておいてください」と言った。
#Q:これは連携でしょうか?
#A:ただの「連絡」です。
■支援例:SSWは、祖父母の介護について地域包括支援センターに連絡させるだけでなく、地域包括主催で会議を開催してもらうか、要保護児童対策地域協議会の個別ケース会議にて検討してもらうように、働きかけ、具体的な祖父母の介入支援について、自らも実働できることを提案していきます。

 

この他、幻聴幻覚を持つ子どものケース、友だちにわいせつ行為をした子どものケース、友だちを刺傷させてしまった子どものケースについて定期購読で紹介しています。

コラムでは笑いは幸せを招くという事例について紹介もします。

メンバー登録(年間5000円) http://empowerment.or.jp/contact/

-お知らせ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スクールソーシャルワーカーズ・ウェルビーイング・プロジェクト

日々頑張るスクールソーシャルワーカーを応援するプロジェクトを起ち上げました。SSWrが無料参加できる研修も用意しております。

no image

メルマガ2022

静岡県及び富士市等において活動されている 後藤久美様 により新しく新人スクールソーシャルワーカーのためのエッセンスをお届けします。 初回は無料、以後、年間10回発刊(発刊のない月もお支払いが必要です) …

連載 第1回 新人スクールソーシャルワーカーのための活動のポイント

第1回連載:新人SSWrの方へ 著者 岩金俊充 この4月からSSWrを始めるみなさんへ向けて記載していますが、ぜひ現役のSSWrの方もご確認いただけますと幸いです。 こんにちは。 平成20年度から令和 …

no image

ホームページをリニューアルしました

修了生の声を増やしていきます。

no image

相談

子どもの様々な心理学的・社会福祉学的な相談を行っています。WISC-Ⅳ検査も有料にて実施しています。詳細は事務局までメールください。

子どもの幸せを考え

子どもの幸せを考え

子どものことを考えると家庭や学校のことを考えるようになり、それらを考えていると地域や制度のことを考えるようになります。ソーシャルワーク的に生物ー心理-社会と環境モデルです。

特定非営利活動法人エンパワメント
お申込・お問合せページからご連絡ください。