宮古紀宏 教育原論 担当

投稿日:2016年6月5日 更新日:

国立教育政策研究所 主任研究官 
これまで、主に、日本の学校を基盤とした関係機関連携に関する研究や米国のオルタナティブ学校制度に関する研究等を行ってきました。本講義を通して、それらの知見を少しでも還元できたらと思います。

-

執筆者:

関連記事

no image

保護中: 6/21SSW基礎研修ページ

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

no image

ソーシャルワーク基礎研修

今しばらくお待ち下さい。

no image

2016年度修了式

2016年度修了生や新学習者等による修了式にて 3/5 新宿会場で行われた修了式では、多くの修了生が修了証を得ました。 今年も多くのSSWr等が参加する中、新しくSSWrも生まれました。修了生も多くフ …

no image

第4期 福島恵美様(茨城県SSWr) 堀江圭以子様(小平市SSWr)

今回は、修了後、約1.5年経って、修了生2人へのインタビューを同期の浦上(事務局)が行ないました~ SSW養成講座の印象についてお話しいただけますか 福島:ちょっと話がずれますが、SSWrになってから …

no image

レポート課題

レポート レポート提出は講義出席後となりますのでお休みされた場合の提出は受け付けませんのでお間違いのないようにお願いします。後にキャンセルとなります。 スクールソーシャルワーク論 レポート課題 ○本研 …

子どもの幸せを考え

子どもの幸せを考え

子どものことを考えると家庭や学校のことを考えるようになり、それらを考えていると地域や制度のことを考えるようになります。ソーシャルワーク的に生物ー心理-社会と環境モデルです。

まだデータがありません。

特定非営利活動法人エンパワメント
お申込・お問合せページからご連絡ください。