2019年3月卒業生 磯村大輝さん 蒲田 航さん 東條 翼さん

2019年3月卒業の先輩方にインタビューいたしました。

2019.2

左から蒲田先輩 東條先輩 磯村先輩です。

SSW教育課程を学修しなければわからなかった点

磯村 そうですね。子ども中心、クライエント中心って実際にどういうことかって所ですかね。実際の学校での相談員としての活動もさせていただき、自分自身の相談員としてのスタンスがフラフラで、結果、教師の方々と同じような指導を子ども達にしていた所があります。でも子どもに寄り添うとはなにかをSSWrの方々から目の前で学ばせてもらいました

つまり、ソーシャルワーカーとしてどうあるべきか、全国でSSWをけん引する方々の下で実習することで、ソーシャルワーカーの共通する基盤とそれぞれの方々にしかないスタイルを理解することができました。

上述のスタンスでは、自分はソーシャルワーカーだからこそ指導の専門家ではないことを理解し、福祉の専門家としてのクライエント中心のあり方を改めて貫かなくてはと学ぶことができたのです。あっ教師が子ども中心でないというわけではなく、それぞれの立場から子どもを支えるという考えです。

蒲田 社会福祉士の実習では、児童、高齢者、障害者、困窮者等、分野や領域が変われば、ソーシャルワーカーの対応が変わるんだと、それが専門性なんだと思っていました。しかし、SSWの指導をされている方々は皆さん根本とするところは同じだったんです。

もちろん多くの指導者の方が根本的な点(例えば、倫理綱領)をそれを大切にしているのだと思うのですが実際のSSWrのやり取りを具体的に見せていただいて、振り返りをしていただいて実感できた所です。根本の考えがあるからこそ、個々のクライエントにあった支援がしっかりできる。それを今実感しています。

SSWって新しい分野で先駆的で、福祉領域でないから、特別なソーシャルワークが必要だと思っていたのですが、根本が同じであるとする点から自分の就職先が高齢者であっても学び深いものが多くありました

ちょっと違う視点から言えば、社会福祉士の実習では病院などに言ったのですが、それぞれ歴史があることからシステム(制度)がいかに整っているかを実感しました。しかし、SSWは教育領域だから、そのようなシステムが整っていないことがありました。

とくにそれを実感したのは、社会福祉士の実習では個別支援計画等システムに頼った支援計画を立ててしまったことです。だから、いかに自分がシステムが整っていなければソーシャルワークがしにくい専門性しかもっていないのかSSW実習を通じて実感させられました。もちろん、整っていないシステムを整えていこうとするSSWrのあり方は感動でした。

逆に言えば自分が恥ずかしくなりました。システムに頼ったソーシャルワークしかできないとしたらと、今思えばゾッとするほどです。もちろん現場の指導者の方がシステムだけに頼っているというわけではなく、自分自身の力量のなさがシステムに救われたという点です。

またSSW演習では、毎回、他者の話しを傾聴できずボロボロになりながら何度も繰り返していく中で少しずつできるようになりました。いい思い出です。

東條 私の場合は、実際の面接同行と長所(ストレングス)の理解とアプローチ方法が学びになりました。もちろん演習等を通じてもそうですが実務場面で、面接での立ち位置、人により異なる声掛け方法の違い、その意味等、ソーシャルワークの具体的理解が本当のクライエント(子ども)への対応を見てできた点ですね。

私自身が家族に障がいを持つ者がおりまして、そのことを実習指導者にお話ししたときに「障がいを持つ方の家族の思いが分かる人がいるだけでも救われる人は多いですよ」と言われたときに自分自身の境遇について『そんな風に肯定的に思うことができるんだ』と、とても嬉しかったことを記憶しています。

だからこそ、さらに自分自身の研鑽が必要だと思ったほどです。

3年生の時を思い起こせば、SSWを学習するまでは、家族やその他のこと等から違う夢がありました。でも漠然としていて資格取って何に結び付けるかはわかっていませんでした。SSWを学習する中で実際に学校の相談員として勤務する機会をいただき、学ぶという面白さ(学んだことを実践に活用していく面白さ)に気づき、自分から進んで学び、それを実践に結んでいく大切さを大いに学びました

SSW教育課程の印象

磯村 やはり、米川先生の熱さですかね(笑)。多くの素晴らしい先生に指導いただきましたが、ぼくの熱い所を汲み取ってくれたのは米川先生だったと思います。

そして、気づけば自分が成長している!それは、米川先生がソーシャルワーカーというよりも教育者なんだ!と思った点です。“先生”なんだと思います!

東條・蒲田 うんうん、だよな

磯村 社会人の学習の場にも参加させていただいたときに、『どうしたら自分の考えを持ち、そうやって人前で話せるようになるか』とぼく達に聞かれた方がいました(その方のお子さんも大学生だそうで)。そのときに3人揃って『米川先生の策略です(笑)』と言ったほどです。ソーシャルワークは現場で、それを吸収するための土壌を先生が耕してくれたような気がします

蒲田 社会福祉士の実習は180時間ですがSSWは短く80時間以上です。そんな短い時間で学べるのか疑問でしたが、実際は濃すぎてびっくりでした。

SSWを学習して感動したこととは

磯村 そうですね。一番は、米川先生がぼく達を学生扱いしなかったということだったと思います。もちろん2年前の最初は学部生としての対応もあったと思いますが、実習報告会を見てもわかるように社会人の方と同じように対応下さりました。

違う言い方をすれば、学部生であるぼく達を一人の専門家として向き合ってくれたからこそ、ぼく達も学生として先生の言葉を聞いているのではなく、専門家として先生の言葉を聞いていました

そういう意味では、学生気分ではない立ち位置で、ソーシャルワークを担う立場として踏みしめる意識を育んで下さったことに感謝しかありません

いま、ぼく達学生側が自分と向き合うよりも先生方を批難してしまうことがありますが、もっと自分達と向き合ってくれる先生方をリスペクトすべきだと思います。残念でなりません。そう本当に思わせてくれた先生のお一人だと思います。

3人 そうそう

蒲田 ぶっちゃけ、自分と東條は成績が良かったから、先生方は温かく『自分達で考えてね』という対応でしたが、米川先生は、初めて自分達の課題を明確に教えてくれました。国家試験のための勉強というよりかは(国試対策もしていただきましたが)机上でなく実践につながることを指導してくれました。

それとSSWを学習する上で、周囲の先生が就職や国家試験があることから、それでいいのかと言われることがありました。ちょっと嫌味に感じることもありましたね(笑)。学会発表も2回しましたしね(笑)。

でも表面的でない先生のあり方に学ばないといけないと思ったんですよね。毎年、SSWの学習をする人は少数ですがこれまでの先輩方もそうだったんだと思います。

東條 私の一年生のときのセミナーの先生は、米川先生でした。自分は子どもだったので、大人への警戒心やうがった見方をしているところがありましたが(笑;いや友達に対しても警戒していたような…)、米川先生は自分を見て本気でぶつかってきてくれました。先生は、私の良い所も悪い所も見てくれる人でした。人生の中にそんな人はあまり存在しないと思います。

子どもだから、それが嫌だと思う学生もいたかもしれません。でも先生は最後まで私達を見捨てない存在なんですよね。

3人 そうだね~

今後の展望について

磯村 ぼくは最初は、自分の未来の姿、自分がなりたいスタイルは、米川先生みたいだなって思っていたんですが、先生にそう言ったときに後で必ず変わるよとニヤニヤされていましたが(笑)、多くのSSWをけん引する方々にお会いさせていただき分かったのは(山口県や福岡県まで学びに行きましたから)、米川先生が求めているのはそういうことではなく、ぼく自身が同じ土俵に立てるようになって米川先生とお酒を酌み交わせるようになる、つまり自分なりの良さを、スタイルを活かした専門家になることなんだろうなって思ったんです。今から、そのときのお酒が本当に楽しみです。早くそうなりたいです(笑)。

蒲田 SSWを学習したことで、実践家としてのスタートラインに少しでも近づいて卒業と就職を迎えられると思っています。今後も少しでもよき実践ができるよう研鑽していきたいと思います。

多くのSSWrの方から児童の仕事に就いてほしいって言われましたが、いつか就けるよう自分を磨いていきたいです。

東條 社会人の方々の研修にも参加させていただいたときに社会福祉士を取得している方々も、プロの方でも研修を受けていて技術を高めており、自分たちの力量がまだまだであるという発言もお聞きする経験から、私自身がもっと真摯に自分の力量を受けとめる必要があると思いました。研鑽していく楽しさと大切さを学ばせてもらいましたので、その価値を今後も継続して持っていきたいです。

 

 

第7期 坂本裕子様 第8期 佐藤古都美様

7-8

今回は第7期生 坂本さん(左)、第8期生 佐藤さん(右)のお二人の実習報告会後にこの2年間~3年間についてお話しをお聞きしました。帝京平成大学の学生さんもおりましたが、そちらは別のページにて

 

養成講座の印象はいかがだったしょうか、講座受講する2年前との違いはありますか

佐藤 そうですね。毎回毎回楽しみで楽しみで、次は何するんだろうと麻薬みたいな感じでしたね~(笑)
毎回、講座後の1週間は、米川先生が言われた発言についてずぅ~と反芻した自分がいました。そういう意味では、米川先生の発言のことばかり考えてました(大好き?笑)!
例えば、自分が受け入れられない発言があった場合、どうしてそれを受け入れられないのか?受け入れるとどうなるのか?という感じですかね。面白いことにそれを考えいくと、それまでと違う自分になっていくというか、いい意味で自分が変わっていくんですよね。

そうそう!先日、2年前のレポートを見てみたのですが、今の自分の考えと比べると全然考え方が違うんですよ!もうびっくりです~(笑)

坂本 レポートと言えば、私はレポートきつかったなぁ~!
でも文章化していくことで自分の考えがまとまっていき、理解を深めることができて、だからそれも必要なんだって思いました。佐藤さんの言うように2年前の自分が書いたことを見ても今の成長がわかるところがありますよね。

佐藤 そうやって自分が変わることで、面白いことに、本当にストレスフリーになってくんですよね。それでもっと幸せになった!って感じです。とくに物事の様々な側面に対しても嫌な面を捉えてしまうところがありましたが、それぞれの良い面を見れるようになりました。不満でないところに焦点を置くようになったんですよね。

それと、やっぱり普通では会えない色々な方とお会いできるのも本当に学びになる要素ですかね。行政で働く方、学校の先生、様々な福祉職の方や現役のSSWrの方、年齢差等、合同で学習するからこそ思いつきもしないことを聞ける機会となっていました。その人がいると物事の新しい側面が動くなんてこともありました。

坂本 毎年新しい方とお会いでき、講座内容も変わっていって新しい先生ともお会いでき、毎年参加したいなと思えるくらいの他にない講座だと思う。

しかも格安!他の学校だとこんなに安くない!

佐藤 そうそう。個別のフォローもありましたよね。

坂本 それと、一番、ここで、学んで変わったなあと思う点は、“多様性の尊重とは何か”という点ですね。それまでと違う側面から多様性の意義を捉えることができました。例えば、それまでは自分が専門性を一人で高めていく、という点を重視してきたのですが、その分野の専門家がいるならばチーム(学校)として子ども等に働きかけていくことで、一人の専門性の高い人が一人で対応するよりも、子どもの立場に立った、さらなる相互作用や相乗効果を生めるという点がわかったところですかね。自分の専門性だけを高めればいいというものではなく、頼れる専門家を見つけていくことも大切という多様性を巻き込む視点は当たり前のようでいて多様性の尊重の関りとは捉えていませんでしたね。

佐藤 講座の印象と言えば、米川先生は最高ですよね!万人受けせず(笑)スタート合わない人もいるかもしれないけど、“実は”ここまで受講生のことを配慮した先生っていないと思います。帝京平成大学で米川先生の指導を受けた学生さんを見てもそう思います。その人その人がどうしたら伸びるか考えてるコメントがすごい!

今の仕事や実際に役立ったことはありますか

佐藤 実生活に活かせること多かったですね~。ある場で周囲をエンパワメント?していけばいくほど、それまで嫌々でやっていたことを皆さんが楽しくできるようになっていく姿を見ることができました。とくにスモールステップ(行動療法?)で皆さんの思いや発言を実際に行動につなげたときに場の雰囲気が変わっていったんですよ~。

それまでは「チェッなんだよ」みたいな側面から「じゃあどうしたら良くなるか」って皆で考えるようになって、めちゃめちゃ楽しい場になっていったんですよね。

坂本 私は、実際のSSWの場面で、よくテキストや学習で配布された資料を見ながら相談の場で使ったり、管理職への提案に活用したりしてますね。職場にいるだけではわからない行政の動きがわかるのも意味があったと思います。とくに文科省の方が来られたのは大いに強みのある講座だと思いました。新たな制度について聞くだけでも意味があったと思います。

私は学校の教員でもあるから、教育者からすると別の世界の話しを聞けるだけでも学びでした。福祉の方々のお互いを認め合う専門性とは何かを考えさせられました(まだまだ考え中ですが)。

SSWに求められるものとは何だと思いますか

佐藤 求められるもの…なんだろう…「調和?」かな…いや…なんだろう。

やっぱり、子どものお話を聞いたとして、何をもって子どものことを分かったとするか、また自己決定をしてもらうときに、何をもってそれが子ども本来の自己決定だとするか、私もグルグルしてしまうことがあります。だから色々な専門家との意見が割れたときでさえも、何をもってそのジャッジをするかという視点を持っている人こそSSWなんですかね。しっかりと子どもの選択の理由を捉えること。

坂本 SSWに求められることは、私は単純にソーシャルワークを知っているのではなく、“スクール”ソーシャルワークを知っているという点なのだと思いますね。やっぱり私は山岳ガイドをイメージして、その子のペースに合わせて、その子の道のりに合わせて、その子の希望に沿った頂上まで、寄り添うだけでなく一緒に歩んでいける力があることだと思います。

途中でその子自身が自分で歩んでいけるるようになったら、ガイドはいらないだろうし、頂上じゃなくていいんだとも思います。

寄り添うことはボランティアの方でもとても上手な方がおり、そうだとするならば、困難な山でも歩んでいける体力や技術があってこそ専門職のような気がします。自分のそのスキルや力量があって初めて子どもが登りたい山に登れるっていうことがあるのだと思います。実習指導者はそんな方でありました。それでいて温かかった。

私ももっと過酷な山(エベレスト?)に登れるようにならないとと思う。もちろん過酷な登山は一人では登れずチームで登ることも必要な時があります。でもある程度の山岳ガイドのできる力量がないと子どもにも失礼な気がして。ただ、指導者としてのガイドというよりは一緒に歩けるガイド力という感じですかね。私の目指すSSWrってそんななのかな~って思ってます。実際には指導が強く出そうになり、悩んでしまうこともあるのですが・・・。

今後の課題や今後学びたいと思っている方々へコメントありますか

坂本 山岳ガイドのお話をしましたが、まだまだ“福祉”を深めないと「子どもの本当のやりたい」や「本人の真の選択」を見据えて歩んでいけるようになれないとも思ってます。継続して勉強ですね。

佐藤 講座で新しいことを学ぶほどに生まれ変わる自分が楽しかった。“変”だと思うほど。ただの日常より講座に参加することで大きい時間、楽しい時間を過ごすことができました。今後の課題として、次はさらなる実践の場で学びを活かしていくことが課題です。私は人一倍考え込んでしまう点もあるからこそ、過去を書き換えられたことがあったと思います

後、学びを検討している方々に対して、多くの方もこれまでの自分を好きになる体験をしてもらいたいなぁって思います。

坂本 ちょっと笑える所で、ここで言っちゃいけないのかもしれませんけど。講座の中心となる米川先生の奥さんを知り、ああこの人が選ぶ先生なら大丈夫と思うって感じる面がありました(笑)。また米川先生が指導されてきた学部生の皆さんを見ても実習報告内容や発言がすごかったですから信頼できるなあと違うところから先生の良さを感じました(笑)。

私は、職務的にキャリアとして求められるものも大きいんですが、講座では、ベテラン感覚なく初々しく学びをさせてもらう立場を持てて楽しかったです。ただ学びを通じてそうはいってもちゃんとやっていかないとという意識を再認識してますが(笑)。初心的な感じで学びを得られる場であるからこそ、気兼ねなく多くの方に参加いただきたいなあと思います。

 

 

 

 

 

外国ルーツ者支援の基本研修申込

  • 20名増員しました。

主催 YMCA健康福祉専門学校

特別企画 2018年8月25日-26日
<地域社会・多文化分野の制度の動向:1単位分>
※応募後の返信に1週間程度掛かります。

事前課題が後述されています。

お申込みはこちらをクリック

お問い合わせは下記メールより
ssw@the.yokohmaymca.ac.jp

電話の場合は担当が折り返し連絡いたします。

TEL 046-223-1441 (担当 浦上・奥田・奥薗・石川)
<事前課題>
○テキストの以下の頁を可能な範囲で確認してご参加いただけますと学習がスムーズです。
・2頁~3頁、49頁~52頁、217頁~220頁、225頁~227頁、230頁~235頁、296頁~303頁
●テキスト:米川和雄編著「スクールソーシャルワーク実践技術」(2018年度再版版)北大路書房

※本サイトは共催先 東京社会福祉士会、後援先 NPO法人エンパワメントの協力のもと運用されています。

レポート課題

レポート

  • スクールソーシャルワーク論 レポート課題

    ○本研修では、スクールソーシャルワーカーに求められる基礎知識と基本援助技能を理解することを目標としています。また近年の児童やその環境が置かれている状況を理解し、スクールソーシャルワーカーとしてあるべき姿を検討できるようになることが到達目標です。

    ☆講座内で示された課題があればそちらを記載して下さい。

    6-7月研修分のレポート課題は以下です。
    ★各1600字; 起承転結で記載してください。段落もわかりやすいようにわけてください。
    ・メール提出:qyjdj517@yahoo.co.jp

    【SSW論】(提出期限8月30日)
    1)「SSWとはなにか―ソーシャルワークの定義を踏まえて―」

    2)講座内で提示

    ※どちらも研修内容等を基にして作成するほうが記載しやすいと思われます。

    ※SSW論は認定社会福祉士の専門分野科目として登録されています。そのため別途認定社会福祉士の科目修了証が必要な場合、1コマ(90分)を超えた欠席については再度すべての講義を受講いただく必要があります。また30分以上の遅刻についても1コマの欠席となり、3回を超えての遅刻も認められません。単発参加の方は再度受講料が掛かります。1コマ分の欠席は次年度に振り替えが可能です。日程については毎年3月頃に確定しますので、各自で確認くださいますようお願いします。

  • 精神保健学 レポート課題

    ●精神保健学レポート

    ○「要対協とは何か」1600字以上
    ※“精神保健”または“虐待支援”のどちらかに焦点を当てて記載することでも構いません。

    ○「虐待・自傷等を含む”精神保健”的支援の観点」1600字以上
    ※支援の観点は“アセスメント内容”に焦点を当てても”実務的な介入内容”に焦点を当てても構いません。

    ★提出期限2017年11月18日まで

  • 児童家庭福祉論 レポート課題

    ●児童家庭福祉論レポート
    社会福祉士の資格を所持されている方の提出は自由です。
    ○「児童家庭福祉支援に関わる法制度と支援への考察」1600字以上 または「修復的対話と子どもへの寄り添い方とその考察」
    ○「デートDVなど、様々な諸問題の加害―被害児童の特徴とその考察」1600字以上
    ※講義の学習などを踏まえて自らの考えを述べてください。
    ※提出期限は講義当日指定。

  • スクールソーシャルワーク演習

    ☐1/8 課題テーマ

    締切2/8「スクールソーシャルワークにおける相談面接の基本的視点」

    締切3/3「スクールソーシャルワーカーの行なう支援の留意点とは何か」

    各1600字以上

    提出はいつもの通りメールで添付してください。

     

  • 学校コーチング(予防開発援助技術)

    ○「学校コーチングとは何か」1600字以上

    締切1月31日

  • 発達心理学 レポート課題

    【発達心理学】(提出期限 2018年1月20日)
    1)「発達理論をどうケース理解に活用するか」
    ※当日学習した様々な事項を記載していただいて構いません。

    2)「虐待支援の重要点を発達と含めて述べてください」
    ※なぜ虐待支援が必要なのか、SSWr側の視点から述べても、子どもの発達(脳の影響等)の視点から述べても構いません。

    ○1200字以上

  • 教育原論レポート

    以下の2つの課題について、それぞれ1600字以上で記載しメール提出してください。

    〇いじめの定義と実体

    〇チーム学校においてSSWrとしてどう動くべきか

    (提出期限7月30日)